大人になってから納得した『学生時代先生に言われたこと』

「負けたって平気ですよ」という先生の言葉は、大人になってから納得しています。

Topics
大人になってから納得した『学生時代先生に言われたこと』

「負けたって平気ですよ」という先生の言葉は

★ 女性 27歳
「負けたって平気ですよ」という先生の言葉は、大人になってから納得しています。
私が学生だった当時は負け組、勝ち組という言葉で、何でも二つに分けるのが流行っていました。
誰だって勝ち組に属するのがいいと思っていて、負けるのはみじめで勝つのだけが正義という風潮だったと思います。私もそんな気持ちでいましたから、先生の言っていたことが理解できませんでした。

ところが大人になって感じたのは、勝負する機会は実はたくさんあり、一日のうちでも、一年というスパンでも常に勝ち負けを争っているということでした。
一つの負けを引きずっていても仕方ない。すぐに次の勝負に向かうことが大切です。

例えば、プロ野球の選手は1年で140試合以上試合しているのですから、1試合負けても次の日にはけろりとして、笑顔で球場に来ています。それが正しいプロの姿です。
私も社会はそうなのだと納得し、負けても反省したら忘れてしまい、次の機会に臨むようにしています。