大人になってから納得した『学生時代先生に言われたこと』

高校生の時の英語の先生に言われた言葉です。

Topics
大人になってから納得した『学生時代先生に言われたこと』

高校生の時の英語の先生に言われた言葉です

★ 女性 46歳
高校生の時の英語の先生に言われた言葉です。
「人間の最終的な目標は、世界と人類に貢献することだ。」と。
ちょっと、目標が高すぎると言ったら、「社会に貢献する、でもいい。」と言われました。
その時は、ピンと来ませんでしたが、この歳になると、あの時に先生に言われた言葉がとてもよくわかります。

でも、出産を機にそれまで勤めていた会社を退職し、今は専業主婦として暮らしている自分は何も社会に貢献していないと、少し残念でコンプレックスすら感じていました。

しかし、最近になり、育児をすることによって、少しは社会に貢献しているかなと思うようになりました。

健全な精神と身体を持った子供を育てることが、行く行くは社会に貢献につながるのではないかと思っています。愛情をいっぱい持って、子供を育てることは豊かな心を持った人間の育成につながると信じています。社会に出て働いていなくても、こんな形で貢献しているのだから、引け目を感じることはないと、ようやく自信を持てるようになりました。