大人になってから納得した『学生時代先生に言われたこと』

高校を卒業してから十数年が経ちますが、大人になってから納得した言葉があります。

Topics
大人になってから納得した『学生時代先生に言われたこと』

高校を卒業してから十数年が経ちますが

★ 女性 36歳
高校を卒業してから十数年が経ちますが、大人になってから納得した言葉があります。それは高校時代の先生が「人生、つらい時が一番楽しい。それは成功へのスタート地点だから。」と言っていたことです。

当時、女子高生だった私は、「つらい事が楽しい?何故?」と意味が全く理解できませんでした。

しかし、この言葉の後に、私は数々の困難に直面することになります。成績が上がらず、大学受験の勉強に苦労しました。
難問になると手が止まってしまい、何度も投げ出したくなりました。

しかし、先生の言葉を頼りに最後まであきらめず、心身ともに疲弊しながらも合格への切符を手にしました。

無事に大学に入学するも、再びつらい体験が訪れます。それは、初めての失恋です。
お付き合いしていた男性に一方的に別れを告げられ、食事も睡眠も取ることができず、心に傷を負っていました。
そこで先生の言葉を支えに、ゆっくりと立ち直り、次の恋へ踏み出すことができました。

そして就職しましたが、社会に出て試練がやってきます。仕事上で失敗を繰り返し、上司や同僚との人間関係に悩み、八方ふさがりの状態になりました。
そこで、先生の言葉を思い出し、うまくいかない原因を分析し、改善するべく努力を惜しみませんでした。
自分が変わることで周囲の反応も良くなり、楽しく仕事に打ち込めるようになりました。

「辛いときが一番楽しい」を胸に、今後も精進したいと思います。